agaを引き起こす根本的な原因は遺伝にある?

男性の頭を悩ませる薄毛が生じてしまった時、もしも症状を改善したいのであればまずは原因を特定し、それに合致した対処法を用いることが大切です。原因の中で多いものには生活習慣、頭皮の不衛生化などがありますが、近年特に重要視されているのがagaという病気です。この病気にかかると医療機関を受診して治療薬の処方などを通じて症状を改善していくことが必要です。

このagaとは男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応してDHTを作りだし、これが毛乳頭にある感知機能によって察知されることで過剰な反応が巻き起こり、これまで頭皮の毛細血管から受けていた栄養分の供給がストップしてしまい、毛母細胞の細胞分裂が鈍化してしまいます。このようにして成長が抑制されることで頭髪が退行期や休止期へと陥ってしまうのです。

それではなぜagaは発症するのでしょうか。様々な仮説が立てられる中、最もよく言われているのが遺伝という要素。親から受け継ぐ遺伝子にagaを発症する情報が含まれているのです。具体的には男性と女性の染色体の違いを見てもわかります。男性はxyという組み合わせを持ち、また女性はxxという組み合わせになります。男女が出会ってその子供が生まれる時、男の子ならば父親のyをそのまま受け継いでxは母親から受け継ぎます。女の子ならば父と母のxをそれぞれ受け継ぐことになります。ここで母親からのxにagaの情報が含まれており、これが男性ホルモンを持つ男性の体の中で発症した際において薄毛症状へと繋がってしまうのです。

そのため母方の祖父や母親の兄弟などの男性の中に薄毛が多いと、生まれてくる男の子も成人した後に発症の可能性が強くなってしまうのです。AGA治療も今後必要になるかもしれませんね。